【社長ブログ】自社のケーキ工場を平和島に移転しました!

自社のケーキ工場を町田から平和島へと移転しました!
今回の拡張により、月8000万程度の製造が可能になります。もちろんネット専門のケーキ工場です。

 

Cake.jpで流通しているケーキの一部は自社工場で製造を行っています。
ケーキのマーケットプレイスを運営しているのに、そもそもなぜ自社で製造しているのか簡単に紹介したいと思います。

 

■改善スピードを加速する

弊社ではCake.jpのユーザー体験を良くするために日々改善をしているのですが、
マーケットプレイスを運営するだけでは解決できない課題が多いです。

・商品そのものの改善(例えば、味やデザイン)
・品質の担保(衛生管理)
・ケーキの破損を防ぐ改善(作り方、梱包の仕方、運び方など)
・配送業者起因の遅延や破損

など、これらの課題はサービス的には重要な課題でしたが、
どうしてもケーキ屋に依存する形でしか改善ができない状態でした。
自社工場を運用することで、これらの課題に対し早く改善ができるようになります。

 

■今後のビジョンについて

マーケットプレイス(売る)と自社工場(作る)、自社物流(運ぶ)の3つがあれば、
ネットでのケーキ販売のノウハウがどんどん溜まっていきます。

現在が社内で冷凍ケーキ製造、配送、品質管理、集客、検品などノウハウの整理と活用を進めています。
このノウハウをまずはCake.jpの参画店、将来的にはこの情報をオープンにしていくことで、
ネットでケーキを販売しようとするケーキ屋が増え、
その品質もあがっていくことを見込んでいます。(=ユーザーがよりハッピーに!)

 

 

ユーザーメリットを最大化させ、「ケーキ業界×インターネット」の市場そのものを底上げし、
ケーキ業界を盛り上げていきたいと思います。

 

 

 

Cake.jpを運営する株式会社FLASH PARKの代表取締役。
Tokyo / Seattle / GDP / 世界平和 / ケーキ

1986年生まれ。
2008年、個人事業主としてFlash広告の受託開発を開始。当時、Flashを使ったコンテンツが、世界中に拡散していった事例を目の当たりにし、自身も「世界中に広まるコンテンツを作りたい」という想いから、2009年4月に株式会社FLASHPARKの設立、CEOに就任。
2012年8月 ギフトの総合通販サイト『Birthday Press』をローンチし、SMBCベンチャーキャピタルやアライドアーキテクツなどから資金調達を実施。
2017年1月に「感動の集まる場所をもっとハッピーに!」をコンセプトにケーキに特化したECサイト『Cake.jp』としてリニューアル。
Cake.jpの経営戦略の責任者として、経営を統括。